\私はお金に関してはきちんとしている方だと思っていました。

 

ブランド物を買いあさるタイプでもなく、華やかな生活をしたいと思うタイプでもなく、ごくごく普通の感覚を持っている人間だと思っていました。

 

普通に一般企業でOLとして働いていて、お給料も多くはないけどごくごく平均的。
たまに奮発して普段より高めのお洋服を買ったりバッグを買ったりしていましたが、それはその場で支払える分のものだけと考えて買っていました。

 

しかし、ある日彼氏ができ、その彼と付き合うようになってからお金の使い方が変わっていきました。
彼が浪費家だったこともあり、私も彼に合わせるように、普段あまり行かない高級デパートで買い物をするようになったり、彼のためにキレイになりたくて高額な化粧品やエステを契約してしまったりと、これまでは買わなかったようなものに手を出すことになり、段々金銭感覚が麻痺してしまいました。

 

今までは高くて出せなかったものも1度買ってしまうと、次からは平気で買うことができるようになり、カード限度額までギリギリ使うようになりました。

 

やがて支払いに追われるようになり、どうしようか悩みながらも、止めることができませんでした。しかしいよいよヤバイなと思い始めた時に、ふと彼に相談したところ彼自身消費者金融でお金を借りているとのことが発覚。

 

消費者金融に手を出すなんてと思っていましたが、少しだけなら、今月だけと思い借りることに。
しかし思っていた以上にあっさり借りれたため、もうちょっともうちょっとと借りていくうちにどんどん毎月の借入額が増え、みるみるうちに借金が増えてきました。

 

彼も同じことをやっており、カップルで借金が雪だるま式に増えていく。
でもすぐ近くに仲間がいるからか、そこまで不安はなく、まあなんとかなると思って借り続けていました。

 

しかしそんなある日、彼がついに借金で首が回らなくなり、自己破産をするかもと言って来きました。それでもあっけらかんとしている彼を見て、私はこのままでは私もこうなってしまうと、ようやく目が覚めこのままではやばいとそこで初めて気がつき、彼と別れることに。

 

消費者金融から借りていた金額も今までははっきりとした数字は見ないようにしたが、しっかりと現実を受け止めなくてはと思い、自分の借金がどれくらいあるのか把握し、アルバイトを始めなんとか完済しました。

 

あのままいっていたらどうなっていたかと思うと今考えてもぞっとします。
もうお金は絶対借りない、そう心に誓い今では身の丈にあった生活をしています。