100万円返済期間中にクレジットカードや保険の審査にも落ちてしまいました。

会社からお給料を貰っていましたが、毎晩に近いくらい遊び歩いていた私は、服や新しい靴がいつも欲しくて、ちょっとした軽い気持ちで消費者金融でお金を借りました。

 

最初はすぐに返せる額だけを借りようと思ったのですが、思っていたよりも簡単にお金を借りれたことで、予定の10万円をはるかに超えて、結局上限額の100万円を借り入れてしまいました。
そのお金は、毎日の遊ぶお金として消えていきました。

 

消費者金融やカードローンは、特に借金がなくてきちんと会社に勤めていれば、審査は簡単に通り、大金を借り入れることが可能です。
しかし、返済時には借りるときには考えていなかった利子が大きく負担になることや、実際に返済するのがどれだけ大変かを考えなければなりません。

 

私は結局100万円を3年かけて返済しましたが、毎月の利子を返すのに必死で、元金がなかなか減りませんでした。元金を減らすために、毎月の給料をなるべく多くの金額を返済に当て、借金の辛さを思い知りました。会社以外でもアルバイトをして、収入を増やさなくてはならず、とても苦しい思いをしました。

 

以前は毎晩遊び歩いていたのを全てやめ、節約の毎日でした。さらに返済期間中はクレジットカードや保険の審査にも落ち、会社で恥ずかしい思いもしました。

 

借金を完済したときは、心底ほっとしたのを覚えています。もう二度と借り入れることができないように、消費者金融のカードはすぐに破棄しました。しかし完済をしたあとも数年は個人の信用情報の記録に残るため、なかなかクレジットカードの審査がおりませんでした。

 

以前私が作った借金は、お金がどういうものかを学ぶいい機会になりましたが、私はもう借金はしません。クレジットカードも出来れば利用したくないので、なるべく現金を使います。

 

お金を使うのはとても簡単ですが、お金を貯めることは本当に難しいものです。借金をしようと考えている人は、今一度借金をすることの意味を考えてみてください。

お金を借りた体験の色々記事一覧

誰しもが、人や銀行、消費者金融などからお金を借りた経験があると思います。お金がどうしても必要な時に、自分にお金がない場合、お金を借り入れることは当然の行動です。しかし、お金を借りるのは人や、会社などからかもしれませんが、最後の最後は自分から借りていると思います。厳密に言いますと、未来の自分の得るお金を借りている感覚です。お金を借りることは最初は当然抵抗があります。人に頭を下げて、お願いするわけです...